【おしごとのリアルにふれるシリーズ】 【画家・まつおさん】

 

小1~3年生のキャリア教育のため、多彩な職業の方をゲストにお招きしています。

今回は、画家のまつおさん!(代表高橋が日本で1番好きなアーティスト。無理を言って和歌山からイドミィまでお越しいただきました!本当にありがとうございます…!)

ーーー

まずは、こどもジャーナリストのみなさんがおしごとに関する質問タイム!

そして、アートづくりを実際に体験するタイム!

「すきなことをしごとにする、ってええなぁ。」
「お金より、ありがとうって言ってもらえることのほうがうれしいんやな。ぼくもそんなしごとをしたいな。」

子どもたちが感想を言っていました。
充実した時間だったことを物語っています。

また、松尾さんの作品を見せていただいたとき、
いつもわいわいしている子どもたちがごくっと息をのんだ瞬間がありました。
抽象的な作品にもかかわらず、子どもたちの感性に、ビビっときたようです。イドミィの子どもたちは感性の豊かを再確認できた出来事でした。

まつおさん、ありがとうございました!

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、子供
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
画家 まつお / matsuo

はじめてのペン画のレッスン
まつお、絵を教えに行ってまいりました。
.
授業させてもらったのは
神戸にあるイドミィという学校
代表のじゅんくんが自転車で日本一周2回目をする直前に知り合って、それが早5年くらい前。
.
じゅんくんは学校の代表、わたしは画家というお互いに大きな変化のあった5年。
SNSでも常にわたしの活動も気にかけてくれてて、今回はお絵かきの講師として学校に呼んでくれて、教えるといういい経験をさせてもらってとお世話になってばかり。
.
そして、肝心の授業は、
ただみんなで楽しく絵をかいただけでした笑
でもみんな楽しそうにまるかいてて何よりやった。
楽しいのが1番さ!
そんなのびのび自由をオッケーとしてくれるじゅんくんの学校だからこそできた授業だろうな。
またこんな経験できたらいいなぁ
.
イドミィについて→ https://www.facebook.com/1919064871646515/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です