【中学生クラス】 【「お母さんにプレゼントしたい」自由研究!】

 

よっしゃ、夏休みの自由研究、なにしよか?
なに作りたい?やってみたいこと、やってみようよ。

(なるべく子どもたちの「やってみたい!」を実現したいイドミィ。その姿勢は中学生の自由研究においても同様です。)

「そうやなぁ…」

照れとかなんだかんだの感情がまざったことばが返ってきました。

「…きれいなもの作って、お母さんへのプレゼントが作りたい!」

(なんてすてきな動機なんだ…!!!キュン…!!!)

――

ということで!自由研究の軸が決定しました。

昨年度、小2の「あやしいはかせ」と苦慮を重ねて研究した『世界一美しい元素・ビスマス』。
(↓その様子はYoutubeをご覧ください!)
「ビスマスを溶かす実験(ちょっとだけ編)」
https://www.youtube.com/watch?v=n3KkK1fBk6A&t=5s
「ビスマスを溶かす実験(多め編)」
https://www.youtube.com/watch?v=p1oQ66AY6hE

今回は中学生と一緒にビスマスの結晶づくりをしました!

あゆむハカセから光の屈折や酸化膜について学んだあと、実験開始!

――

60分後。
うまいこと作ろうとしたけどやや失敗しましたが、最終的にはビスマスの結晶(のかけら)ができました。

生徒さんそれぞれにケースに入れてプレゼントし、それぞれがおうちに持って帰りました。

――

後日。

「どうだった?」

「お母さん、喜んでたで。飾っとくって、言ってたわ!」

その満足げな顔は、ビスマスの結晶よりも輝いていました。(うまいこと言おうとしてやや失敗)

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

【学校に行けない子どもたちによる、全国の不登校生にアクションをおこすきっかけを届ける本作成プロジェクト】

【300冊までのこり72冊!】

7/21現在、228冊分の先行予約をいただきました!ご注文下さったみなさま、ありがとうございます!!!

興味のある方はぜひご注文くださいませ!

先行予約フォーム
https://docs.google.com/…/15SsZhghuPoKohXfbVrTKHX48Ja…/edit…

ええねんず作成youtube動画もご覧ください!
https://youtu.be/eqEar2apkFk

写真の説明はありません。

【動物を通じていのちを考えるプロジェクト

【わんちゃんと実際にふれあってみました!】

「たかじゅーん、いぬ飼ってー!」

その要望からはじまった、いのちについて考えるプロジェクト。
(※先月の投稿参照ください↓)
https://www.facebook.com/idomy.japan/posts/2388249868061344?__xts__[0]=68.ARDNKCkpbF05FspLXZ2h3Q915Z8T2fxUPZE7Bw2jVSwypn-CclMBVW3RsmeSoq_YYJI_o97__eajWH5Yaj6VkIPWld0JH5q0_wMX8hriDXwf-NzqO7eJqddVk6hADUrdRS3NGphshkPpW2Q4I8-Xv-x3lnNla8iGVtlZV3rGx–mA4Z-VKq9cRf-w8llfSjFRJCD65SXp9gzSvV6tpOJlM0ZuVzps2_znNWWh15eWoUJ_M6EEOuVVwG2_IAtJMU1XTvdBottN6HhwRUL_RSKb7P6XgfxLqIue1oJcCpkFSXt1Zl2zvQlfvCS0KJ51OVLpos8lVzOIR4yGfDBQpRETMFHAB17&__tn__=-R

そして今は、小学生たちと「ペット殺処分ゼロを可能にする仕組み」を考案しています。

ーーー

「たかじゅん、うち、獣医さんかトリマーさんになりたいねん。」

小6生がこっそりおしえてくれました。

「なあ、たかじゅん。うち犬好きやねん。でも、なかなかさわるチャンスがないねん。」

うんうん。

「だからさあ、つれてきてや。ふれあいたいねん。」

ぼく(代表高橋)は、なるべく子どもたちの「やってみたい!」は実現させてあげようと思っています。実体験こそ最大の学びですからね。てことで、ぼくもこっそり動いてみました。

ーーー

すると今回!
向井さんのご厚意により、わんちゃん2匹がイドミィにお越しくださいました!

小6生、うれしそうでした!

ーーー

NPO法人KATZOCの山田さん。
https://www.facebook.com/katzoc.npo/
(↑facebookページご覧くださいませ!)

下記のような取り組みをされています。
・猫の不妊手術専門の動物病院「ねことわたしスペイクリニック」の運営
http://clinic.katzoc.net/menu/
・沖縄県宮古島市のMiyakojima1_2Park事業
https://katzoc.net/miyakojima/
・譲渡会・啓発イベントの実施
https://katzoc.net/adoptation-events/

山田さんは実際に現場で感じたことをお話しくださいました。生徒たちは真剣な表情で話を聞いています。実際の話は説得力があります。彼女たちは大事なことを感じとっているようでした。

ーーー

あっという間に60分。お帰りになる時間になりました。さまざまな資料や本を通じて、わんちゃんとのコミュニケーション方法やちいきねこさんの実情をおしえていただきました。非常に充実した内容でした。

なによりわんちゃんに癒されました…!わんちゃんって、すてき!おててにのこった感触がたまりません…!

「…ねえねえ、たかじゅん。」

ん?なに?

「これ見て!」といわんばかりに指さされた紙には、(このあとさんぽしたい。できるかどうか、たかじゅんがきいて!)と書いてありました。

…おっけい!やってみたいことは、やらせてあげなきゃね!

ーーー

「さようならー!」

イドミィから帰る2人。右手にはリード。念願のさんぽタイムです。(わがまま聞いていただきありがとうございます…!)

うきうきしている小6生の背中を見て、いい経験になったなあと思いました。

そして、
彼女たちの感想用紙をよむと、うるっときました。大事なことを感じ取っていました…!

――

山田さん、向井さんをはじめお世話になった皆様方に感謝の気持ちでいっぱいです!貴重な経験させていただき、ありがとうございました!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、犬
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:犬、テーブル
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

【ええねんず・新企画始動!】 【株をまなぼう!株でまなぼう!】

 

「株、やってみたいねん。」

という小学生の希望により、新プロジェクト開始!

果たして100000円の行方やいかに!?

ーーー

「実体験こそ最大の学び」なので、

株の実体験豊富なゲスト講師をお呼びしました。

非常にわかりやすい話で、
株の基礎の基礎の基礎を学びました。

ーーー

きょうの3時間の授業をうけて、彼らはなにを学んだのか。

イドミィとしては、
株「を」学ぶことを通じて、
数学や社会や経済やその他もろもろを
株「で」学んでほしいなと思うかぎりです。

株の先生、ありがとうございました!

ーーー
※そのほかニーズをいただいているプロジェクトもありますが、その道のプロフェッショナルとのパイプがないためにプロジェクト開始にいけていない現状があることをお許しくださいませ…!

 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、画面、室内

【学校に行っていない小中学生による、全国の不登校生にアクションをおこすきっかけを与える本制作プロジェクト!】

7/16現在、116冊のご予約をいただきました!ありがとうございます!300冊先行予約いただいた段階で印刷開始します!

想像以上の反響で、「うれしい…!」という感情でむねがいっぱいです。

実は最終編集にとりかかっておりまして、、、
ありがたいメッセージやシェアに対して御礼メッセージに手が回らない状況です😭😭😭みなさまがたには感謝の気持ちでいっぱいですので、その旨ご理解いただけますと幸いです…😭

興味のある方はぜひご注文くださいませ!

先行予約フォーム
https://docs.google.com/…/15SsZhghuPoKohXfbVrTKHX48Ja…/edit…

ーーー

本プロジェクト詳細は、下記投稿をご覧ください!
https://www.facebook.com/…/a.19194767482…/2402855459934118/…

ええねんず作成youtube動画もご覧ください!
https://youtu.be/eqEar2apkFk

 写真の説明はありません。

【先行予約ありがとうございます!】

先行予約をいただいた皆様へ

郵便番号のみ記入し、住所をお書きでない方が多数いらっしゃいます…!

このままでは本を郵送できませんので、お心当たりのある方は再度ご注文下さいませ!

(同じお名前で再注文の場合、1回目の注文は削除し、最新のもののみを先行予約内容として扱いますので、よろしくお願いいたします)

\✨堂々の全国2位受賞✨!/

リサイクルアートコンテスト2019にて、
イドミィの小6生が優秀賞に選ばれました😆!!!

ご本人は日本一になれなかった悔しさを感じていましたが、胸を張っていい2位だと思います!

「2050年には海におけるプラスチックゴミの量が魚の量を越える」という問題に警鐘を鳴らすアート作品を制作しました。

数ヶ月に及ぶ作品制作が実を結んで嬉しいです!

すべての関係者のみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました!

ステキなコンテストですので、来年もイドミィメンバーで挑戦しようと思います。
1年かけて作品作りをしていきましょう!

ーーー

ひとりごと

今回も、惜しくも選ばれなかった生徒さんのことが気になってます。。。悔しかったよね。。。彼女たちのがんばりを認め、個人的に金メダルをあげたいなと思います。

文・高橋惇(イドミィ代表)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、テキスト

 

\いよいよ先行予約開始!!!/

学校に行っていない小中学生「アクティブ否登校チームええねんず」が作った本

『学校休んでええんかな?』、

いよいよ先行予約開始です!

ぜひ下記フォームより予約くださいませ!

https://docs.google.com/…/15SsZhghuPoKohXfbVrTKHX48Jan…/edit

ーーーここまでの歩みーーー

「学校に行く意味が、よくわからへんのんや…」

5月。きっかけは、その一言でした。

「…じゃあ、きいてみよっか!オトナのみなさんに!」

そこで、オトナのみなさんへの質問を出し合いました。

◎学校って、行ったほうがええんかなぁ?
◎行かなかったら、どうなるんかなぁ?
◎好きなことばっかしてちゃ、いけないんかなぁ?
◎社会に出て必要な力って、なんなんやろなぁ?

そして、

「◎オトナになってからわかることって、あるんかなぁ?…」

ええねんずは、いいところをついています。
ぼくはそれらの質問を聞いたあと、アンケート用紙をつくることを提案しました。

さらに、
「この質問の回答がわからず、困ってる子がたくさんいると思うよ」

どうすれば困っている子たちを救えるのか…

その結果だした結論は、「全国100人のオトナたちにインタビューした内容をまとめた本」をつくることでした…

(このつづきのはこちらの投稿をご覧ください!↓)
https://www.facebook.com/1919064871646515/posts/2366607186892279?s=100002237345083&v=i&sfns=mo

また、彼らが作成した動画もご覧ください。
https://youtu.be/eqEar2apkFk…

ーーー

7月。
ぶじに100人分のオトナのみなさんのアンケートを集めました!ご協力くださった皆様、ありがとうございます。
表紙デザインは、ただかずひとさんに作成いただきました。ありがとうございます!

想像していたよりも大変ですが、ええねんずと一緒に毎日こつこつ編集をつづけています(現在進行形)。

「オトナのみなさんの、ありのままの経験談を聞きたい」

そんなええねんずのお願いに応えてくださったみなさんの言葉は、

ありのままで、
正直で、
心に響きました。

多様な生き方、多彩な価値観がちりばめられています。
(※そのため、タイトルの「学校休んでええんかな?」に対する答えとして、「学校行かなくてもいい!」とか「学校絶対に行け!」といった極端な結論は用意していません。)

元不登校、元ひきこもり、元いじめられっ子、、、
そんな皆様方からの
「あのころは想像できないほど楽しい未来が待ってるで!」
などの言葉は、
当事者として苦しむ子どもたちの希望になることでしょう。

ぐっとくることば、

やさしく背中をおすことば、

おふとんのようなぬくもりのことばを、

全国の子どもたちに読んでいただきたいと思います。

また、そんな100人からのメッセージに、
ぼく(イドミィ代表高橋・29才)も勇気をいただきました。

小中学生向けの本ではありますが、
オトナ、とくに子育てをされているみなさまにも読んでいただきたい1冊になっています。

子どもへの接し方が、いつもよりやさしくなりました。

ーーー

ということで、
本日7/13から先行予約を開始します!
(7/13はぼくにとって大切な日なので、大切な本もこの日を誕生日にします)

下記メールフォームよりよろしくお願いいたします。
https://docs.google.com/…/15SsZhghuPoKohXfbVrTKHX48Jan…/edit

※300冊の注文をいただいてから印刷、郵送を開始しますので、その旨ご了承くださいませ。

全国の皆様方からのご注文を楽しみにしております。

ええねんず

ーーー

今日から予約冊数の状況報告をしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

文・高橋惇(イドミィ代表)

写真の説明はありません。

 

【イドミィパスポート!】

 

今日は「オリジナルTシャツづくり」😆🙌

自分のTシャツ
または
ご家族へのサプライズプレゼントを作りました!

おうちの方の反応はいかがでしたか?
かけがえのない思い出になれば幸いです😊

みなさまありがとうございました!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、子供
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

 

\ええねんずからのご依頼!/

 

アクティブ否登校チーム「ええねんず」です!

5月から取り組んでいる、
「学校に行けない子どもたちを勇気づける本」の作成プロジェクト。

来月完成にむけ急ピッチで進めていますが、
みなさまがたにおねがいがあります!

ーーー

本には、
全国47都道府県・100人のおとなの皆さんにアンケートし、
100人の経験談をまとめる予定です。

ええねんずの小中学生の努力の結果、
現在70名、
37都道府県&3カ国の方から経験談をいただきました。

ここまで来たら
47都道府県100名のメッセージをあつめたい…!
彼らの努力に協力したい!

そこでおねがいです!

ーーー

青森/秋田/群馬/山梨/三重/岐阜/滋賀/鳥取/山口/大分
の皆様方からの経験談をいただきたいです!

上記都道府県にお住まいの方、
本の作成プロジェクトにご協力ください!

アンケートは下記のリンクよりご回答ください(11の質問にお答えください)
https://docs.google.com/…/1HIXHTGtF9kP0l15OEWAmoNe9d1…/edit…

※全国の不登校生を勇気づける本作成プロジェクトの経緯
https://www.facebook.com/idomy.japan/posts/2366607186892279?__tn__=K-R

※ええねんずからのメッセージ動画
https://www.youtube.com/watch…

ーーー

ご回答期限は7/7です!

もちろん、他の都道府県や海外のみなさまからのご回答も絶賛募集しております!

よろしくお願いいたします!

写真の説明はありません。

\✨超朗報!✨/

イドミィを参考にしたカリキュラムが、東京公立中学校で実施されています!

代表・高橋惇が東京へ!

杉並区立富士見ヶ丘中学校にて、
中3生を対象に講演させていただきました!

ーーー

さかのぼること1ヶ月前。

「イドミィさんのことをホームページで拝見し、これは素晴らしい!と思い、うちの学校でイドミィを参考にしたカリキュラムをやってるんです」

東京から見学にいらした先生は教えてくださいました。

イドミィの「アクティブスクール」の考え方に共感くださったとのことです。
(※アクティブスクール…実体験を通じた学びを提供し、主体的・対話的な深い学びを通じて「考える力」「つくりだす力」「伝える力」「協力する力」を伸ばす学校。イドミィの教育スタイルを表す的確なことばが見つからなかったので、じゃあ作っちゃえ!と創った造語です)

これは、
相当光栄なことだと思います。

そして、
とても喜ばしいことです。

「学校を参考にする」
から
「学校から参考にされる」
へのレベルアップは、
私教育として胸を張っていいなと感じています。

さらにその場で、
その先生からオファーをいただきました。

「実は、昨年からアクティブスクールクラスを開講しています。ぜひご見学していただきたいですし、講演もおねがいしたいです。」

ーーー

そんなご縁で、今回の講演が実現しました!

校長先生をはじめ全ての皆様方に感謝いたします。ありがとうございます!

ーーー

講演後、アクティブスクールクラスについてお話を伺いました。

「参加している生徒さんが、非常に活き活きしているんですよ。」

「想定外の反響がありました。」

「実体験を通じた学びは今後もニーズは高まると実感しています。」

イドミィではじめた小さな活動が、
中学校でも実施されるようになりました。

すこーしずつでいいので、
この輪が広がっていけば嬉しいです!

できることを、
できる範囲で、
毎日こつこつマイペースにやっていきます!

文・高橋惇(イドミィ代表)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、屋外

【テーマ探求クラス】

【いのちについて考える】

「たかじゅーん!」

なにー?

「犬飼ってや。たかじゅんも犬好きやろ?」

たしかに、ぼくも犬が好きだ。
ここ1年半の出逢いのおかげで、わんちゃんねこちゃんの魅力がわかってきた(つもり)。
将来的には飼ってみたいとも思う。

「ねぇ、飼ってや。」

その女の子と100回近く繰り返したこのやり取り。
最後はいつも、この言葉で終わる。

「〇〇ちゃん、ごめんな。
ぼくも飼ってみたいけど、
いのちをあずかる自信がないんよ。」

ーーー

テーマ探究クラスは、
ひとつのテーマについて学び、
その学びを生かした「世界をよりよくするアイデア」を発明しています。

そのためには、
世界の問題点を「知る」必要があり、
知るためには、
目を瞑りたくなるような現実に「直面する」こともあります。

ーーー

ペットの殺処分問題。

とても重く、つらいテーマのため、
取り扱うか躊躇いました。

しかし、
小学2・3年生という心が育つ時期に
いのちについて知ることは、
彼らにとって大切な学びになると判断し、取扱うことにしました。

いつもは大はしゃぎの天才子どもたちも、
今回はまっすぐな眼差しで事実を受け止め、真剣な表情で訴えかけました。

「このままやったら、あかんやろ。」

「こんなん、可哀想すぎるやん。」

「人間、わがまますぎるやろ。」

心の底からの想いでした。

ーーー

彼らは紙にペットを救うアイデアを書いていきます。

「狙いを定めて、広げて、まとめて、しぼる。」

アイデアを出すコツもつかんできてます。

ええっと、
ええっとと言いながらアイデアを書きだす4人の、
内なるパワーを感じました。
(基礎学力の勉強とはちがうパワーです。アイデアを出せるようになってからの彼らは、輝く姿勢で机に向かっています。)

ーーー

そのうちのひとりは書きました。

『人間の脳から、「ペットをすてる」というものをけす』

彼らが描いたゴールを達成するにはどうしたらいいだろう?

4人の探究の旅は、
次の授業へとつづきます。

(高学年クラスも、いのちをすくう方法を考えました。彼女たちは写真嫌いなので撮影してませんが、小6生も豊かな創造力でアイデアを生み出してくれています)

文・高橋惇(イドミィ代表)

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

\代表の講演活動レポ!/

神戸大学へ!
恩師・杉山精一先生の「教育原理」講義にて、90分講演させていただきました。

大学時代に最も心に残っているのは、杉山先生の講義でした。

(「ミッキーマウスの指は、なんで4本だと思う?」で90分討論させ、答えを言わずに終わった授業は強いインパクトが残っています)

その杉山先生の講義時間のゲストスピーカーにお呼ばれしたからには、
「ぼくも心に残るお話をしたい…!」ということで、こつこつ準備してました。

とは言っても
せのびしたってしかたないから、
かっこうつけず、
ありのままに90分おはなししました。

その結果、
以下のようなご感想をいただきました。

―――

「大学になって一番ためになって、いちばん心に残った授業だった。今日の話を聞いて、ただ勉強を教えるだけではない先生って、こういうことかと思った。」

「講演を聞いて、こんなにこの人みたいになりたいと思ったのは初めてだった。日本一周したいとか塾を開きたいとかは全く思わないが、人生や人に対する姿勢が私にとってとても魅力的だった。すごくよかったです。」

「面白くて、面白くて、刺激的だった。新たなことに挑戦し、実体験を得ることの大切さを改めて痛感した。質疑応答に集中したいのであまり書かないが、感動した。」

「今まで聞いてきた講義のなかで1番ためになりました。高橋さんが自分から行動をおこしていく姿を見て本当にかっこいいと思えたし、『今しかできないことは、今しかできない』という言葉が心に刺さりました。」

「今までの講義の中で一番楽しく話を聞けたと思います。人からどのように映るかを気にせず、自分の想いのままに突き進まれる姿はすごいと思いましたし、羨ましくも思いました。この誰もが実現できそうでできないことを1つ1つやってこられたからこそ、今の高橋さんがあるんだなぁと感じました。」

「私は底なしに明るくて闇を見せないタイプの人間が少し苦手で、高橋さんもそういう人かと勝手な偏見で判断してました。でもお話を聞いてどれだけつらい思い、楽しい思いをしているのだろう、なんて素敵な人なんだと思いました。絵もお話しも本当に上手で楽しかったです。ありがとうございました。」

「高橋さんの人間力に引きこまれた1時間半でした。自分をやりたいことをすることで、人はこんなにも輝けるのだと思いました。限られた若い人生、限られた若い時間を有意義に使わなければならないと思いました。」

などなど…

―――

90分の講義のあとは列をなした学生さんのご質問にひとつひとつ向き合い、ひとつひとつお答えしました。

さいごの学生さんの「本当にありがとうございました!」を聞いたときには、講義から90分が経っていました(体感は15分)。

杉山先生をはじめ、
学生さん、
ご縁をつないでくださった方々、
すべてのみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございました!

ーーー

今回の経験がきっかけで、
点が線になることがたのしみです!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
画像に含まれている可能性があるもの:屋外