☆☆「はたらくを知る本」の作成プロジェクト、始動!☆☆

全国のオトナのみなさま、ご協力ください!

「はたらくって、なんやろな?」
「どうやって、しごと、きめるんやろな?」
「しごとって、なんのためにしてるんやろな?」
「ありがとうと言われますか?」
「どんなときにうれしいですか?」
「ぼくたちには、どんなオトナになってほしいですか?」などなど…

小中学生からの素朴な質問にお答えください!
約50種類のご職業の方にインタビューして、その内容を1冊の本にする予定です!

あなたのご職業のこと、教えてくださいませんか?
あなたにとっての日常が、子どもたちには刺激的なものです。

本の作成を通じて、子どもたちの職業選択の可能性拡大、そして自分自身の生き方を考えるきっかけの提供ができたらと思います。

以下の想いに共感いただける方は、ぜひご協力ください!

―――代表の想い―――

ぼくが自転車で日本2周しているとき、岩手県のある小学校で講演会をしました。全校生徒数十人の小さな学校。純真無垢な子どもたちばかり。目をキラキラさせながら前のめりになって旅の話を聞いていました。
講演中、子どもたちに「将来の夢、ありますか?」と聞いたところ、男の子たちはほぼ全員口をそろえて言いました。「サーファーになりたい!」と。
サーファー!?
ギャップに驚きましたが、よく聞けば、校区内にサーフィンのメッカがあるらしく、子どもたちは日常的にサーフィンに触れているとのことでした。

そのとき、仮説を立てました。
「子どもの夢は、自分が接点をもった職業&生き方の中から形成されるのではないか?」と。
逆説的に言えば、接点をもたない職業や生き方は将来の選択肢から除外されるということ。それはとてももったいない。

この仮説は的を射ていて、北海道から沖縄まで各地で出会った7000人の子どもたちにも同様のことが言えました。特に、「めっちゃいいじゃん!」とか「めっちゃかっこいい!」と憧れるものと出逢う経験は、小学生のうちにしておくほうがいいなぁ、と感じました。

日本2周を終えた後、イドミィをつくりました。「実体験こそ最大の学び」の理念のもと、子どもたちには多彩な経験を届けました。
その経験の中には、「子どもが多彩な職業や生き方のオトナと出会う」経験も含まれます。
「強くなりたい」という子のためにボクシング世界チャンピオンを、「株で大儲けしたい」という子のために株のスペシャリストをゲストに呼び、つい先日は「獣医さんかトリマーさんになりたい」という子のためにスペイクリニックに訪問しました。
実際に会う経験を経た子どもたちは、憧れが一層強くなり、自分の将来へのビジョンを明確に描くようになります。日々の生活への意欲が増し、よりよい生き方ができるようになるなと感じています。

今回の本作りでも、「多くの生き方に触れる経験」を提供できたらと思っています。
たくさんの生き方に触れ、
「生き方(働き方)は人それぞれで良いんやな」と
幼少期に実感しておけば、彼らはより自由に、主体的に人生を歩むオトナになれるでしょう。

ということで、子どもたちにメッセージをください!
あなたのメッセージが、ひとりの小学生の指針になるかもしれません!

ーーー

ご協力に興味のある方は、以下の選択肢よりご協力方法をお選びください。

①イドミィにお越しになって、子どもたちと直接お話しする
②テレビ通話で、子どもたちとお話しする
③ビデオメッセージで、子どもたちにメッセージを届ける
④アンケートフォームにお答えして、子どもたちにメッセージを届ける
(①②実施可能時間帯は、1月2月の各火曜日16:30-17:30です。)

いずれの場合にも、以下のアンケートフォームにご回答ください。締め切りは1/26(月)24:00です。
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSdQVrvxhFYXJ63R9…/viewform…

アンケートフォームにお答えいただいた皆様のメッセージは、抜粋して本に掲載します。

あなたの想いを、全国の小学生にお届けしませんか?
本を読んだ子どもたちの世界を広げるべく、ご協力をお願い致します!

子どもたちに代わって
一般社団法人イドミィ
代表理事 高橋惇

-0:48

☆☆「はたらくを知る本」の作成プロジェクト、始動!☆☆

☆☆「はたらくを知る本」の作成プロジェクト、始動!☆☆
全国のオトナのみなさま、ご協力ください!

「はたらくって、なんやろな?」
「どうやって、しごと、きめるんやろな?」
「しごとって、なんのためにしてるんやろな?」
「ありがとうと言われますか?」
「どんなときにうれしいですか?」
「ぼくたちには、どんなオトナになってほしいですか?」などなど…

小中学生からの素朴な質問にお答えください!
約50種類のご職業の方にインタビューして、その内容を1冊の本にする予定です!

あなたのご職業のこと、教えてくださいませんか?
あなたにとっての日常が、子どもたちには刺激的なものです。

本の作成を通じて、子どもたちの職業選択の可能性拡大、そして自分自身の生き方を考えるきっかけの提供ができたらと思います。

以下の想いに共感いただける方は、ぜひご協力ください!

―――代表の想い―――

ぼくが自転車で日本2周しているとき、岩手県のある小学校で講演会をしました。全校生徒数十人の小さな学校。純真無垢な子どもたちばかり。目をキラキラさせながら前のめりになって旅の話を聞いていました。
講演中、子どもたちに「将来の夢、ありますか?」と聞いたところ、男の子たちはほぼ全員口をそろえて言いました。「サーファーになりたい!」と。
サーファー!?
ギャップに驚きましたが、よく聞けば、校区内にサーフィンのメッカがあるらしく、子どもたちは日常的にサーフィンに触れているとのことでした。

そのとき、仮説を立てました。
「子どもの夢は、自分が接点をもった職業&生き方の中から形成されるのではないか?」と。
逆説的に言えば、接点をもたない職業や生き方は将来の選択肢から除外されるということ。それはとてももったいない。

この仮説は的を射ていて、北海道から沖縄まで各地で出会った7000人の子どもたちにも同様のことが言えました。特に、「めっちゃいいじゃん!」とか「めっちゃかっこいい!」と憧れるものと出逢う経験は、小学生のうちにしておくほうがいいなぁ、と感じました。

日本2周を終えた後、イドミィをつくりました。「実体験こそ最大の学び」の理念のもと、子どもたちには多彩な経験を届けました。
その経験の中には、「子どもが多彩な職業や生き方のオトナと出会う」経験も含まれます。
「強くなりたい」という子のためにボクシング世界チャンピオンを、「株で大儲けしたい」という子のために株のスペシャリストをゲストに呼び、つい先日は「獣医さんかトリマーさんになりたい」という子のためにスペイクリニックに訪問しました。
実際に会う経験を経た子どもたちは、憧れが一層強くなり、自分の将来へのビジョンを明確に描くようになります。日々の生活への意欲が増し、よりよい生き方ができるようになるなと感じています。

今回の本作りでも、「多くの生き方に触れる経験」を提供できたらと思っています。
たくさんの生き方に触れ、
「生き方(働き方)は人それぞれで良いんやな」と
幼少期に実感しておけば、彼らはより自由に、主体的に人生を歩むオトナになれるでしょう。

ということで、子どもたちにメッセージをください!
あなたのメッセージが、ひとりの小学生の指針になるかもしれません!

ーーー

ご協力に興味のある方は、以下の選択肢よりご協力方法をお選びください。

①イドミィにお越しになって、子どもたちと直接お話しする
②テレビ通話で、子どもたちとお話しする
③ビデオメッセージで、子どもたちにメッセージを届ける
④アンケートフォームにお答えして、子どもたちにメッセージを届ける
(①②実施可能時間帯は、1月2月の各火曜日16:30-17:30です。)

いずれの場合にも、以下のアンケートフォームにご回答ください。締め切りは1/26(月)24:00です。
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSdQVrvxhFYXJ63R9…/viewform…

アンケートフォームにお答えいただいた皆様のメッセージは、抜粋して本に掲載します。

あなたの想いを、全国の小学生にお届けしませんか?
本を読んだ子どもたちの世界を広げるべく、ご協力をお願い致します!

子どもたちに代わって
一般社団法人イドミィ
代表理事 高橋惇

【念願の課外授業】 【どうぶつ、いのち。】

 

12月のある日。小6女子生徒ふたりに、今やってみたいことを尋ねてみました。

「山田さんのところへ、行きたい。」

山田さん、とはNPO法人KATZOCの山田さん。
今年7月には動物が好きな小6女子生徒ふたりのためにイドミィにお越しいただき、犬とのふれあいの時間と不妊手術の話を聞かせていただきました。

https://www.facebook.com/katzoc.npo/
(↑詳細は、facebookページご覧くださいませ!)

山田さんの取り組み
・猫の不妊手術専門の動物病院「ねことわたしスペイクリニック」の運営
http://clinic.katzoc.net/menu/
・沖縄県宮古島市のMiyakojima1_2Park事業
https://katzoc.net/miyakojima/
・譲渡会・啓発イベントの実施
https://katzoc.net/adoptation-events/

ーーー

そのときの話が印象的だったようで、今度は直接クリニックへ行きたい!とのことでした。
そしてダメ元でお願いしてみたところ…山田さんからご快諾いただきました!年の瀬のお忙しい時期なのにわがままを聞いてくださりありがとうございます!

そして、わくわくが止まらない小6女子生徒ふたりとともに、「ねことわたしスペイクリニック」へ訪問いたしました!
ふたりとも犬や猫とふれあえるのが楽しみだったようで、かばんを持っていないと空まで飛んで行ってしまうほど足取りが軽かったです。

ーーー

山田さんのお話を伺った後、メス猫の不妊手術の見学をご提案いただきました。
おふたりが不安そうならお断りしようと思いましたが、前向きだったので見学させていただきました。

手術の空気。

思わず息をのみます。

動物の手術のリアルを経験し、感じるものがあったようです。真剣な表情で見守っていました。途中、「大丈夫?」という問いにも大丈夫、と答えていました。刺激が強かったかなと心配していましたが、子どもたちは強いです。

連続して、オス猫の去勢手術も見学しました。
手術後、獣医さんかトリマーさんになりたいと言っていた小6生は、獣医さんからの動物が好きなの?という問いに、即答でうん!と言っていました。

「こんな若いうちに、実際に仕事に触れられるって、なかなかできないことだよ~!」

彼女たちがこのさきどんな職業や生き方を選択するかは本人の意向しだい。
ただ、小6の冬休みに、この貴重な経験をしたことを経験値にして、人生選択をしてほしいなと感じます。

ーーー

その後、山田さんにお仕事についてのインタビューをしました。
インタビュー後は、予定の時間オーバーしても離れられないほど、クリニックの犬と猫を積極的に触りに行っていていました。おふたりは本当に動物が好きだなと感じています。好きな気持ちをうまく伸ばしてあげられたらと思いました。

帰りの道中のおふたりからは、ウキウキだけでなく、強さも感じました。

どうぶつ、いのち。

今後も子どもたちが望んだ世界を直接経験する機会を提供していきます。

ご協力いただいた山田さんをはじめ、
「ねことわたしスペイクリニック」の獣医さん、看護師さん、すべてのみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、子供、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、座ってる、犬

【赤ちゃんだっこ体験!】

 

小1~3年生の男の子たちが取り組んでいる、「はたらくを知るプロジェクト」。

昨日は産休中のおねえさんにお越しいただきました!

お仕事の話を聞く前に…
男の子たちに赤ちゃん抱っこ体験をさせてあげたい!

というこちらのオファーに快諾いただき、ひとりずつ体験させていただきました!

ーーー

「きんちょうする…」とモジモジする子、
「ぼくが抱いたとき、泣かへんかったんやで!」と嬉しそうに保護者さまに報告する子、
「オレ、慣れてるねん」と胸を張る男の子、
「ぼくのことばっか見てくるの、なんでなんやろ」と照れながらも嬉しそうな子、

いい経験になりました!

ーーー

これからも、子どもたちに、「実体験」のチャンスを提供します!

実際にやってみることが、最大の学び!
これからも、経験値をためていこう!

協力してくださったみなさま、ありがとうございました!
赤ちゃんがすくすく成長することを、心から願っております!(赤ちゃんにめろめろだったスタッフ一同より笑)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、赤ちゃん、子供
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、赤ちゃん
画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、子供
画像に含まれている可能性があるもの:3人、赤ちゃん、子供、クローズアップ

【おしごとのリアルにふれるシリーズ】 【画家・まつおさん】

 

小1~3年生のキャリア教育のため、多彩な職業の方をゲストにお招きしています。

今回は、画家のまつおさん!(代表高橋が日本で1番好きなアーティスト。無理を言って和歌山からイドミィまでお越しいただきました!本当にありがとうございます…!)

ーーー

まずは、こどもジャーナリストのみなさんがおしごとに関する質問タイム!

そして、アートづくりを実際に体験するタイム!

「すきなことをしごとにする、ってええなぁ。」
「お金より、ありがとうって言ってもらえることのほうがうれしいんやな。ぼくもそんなしごとをしたいな。」

子どもたちが感想を言っていました。
充実した時間だったことを物語っています。

また、松尾さんの作品を見せていただいたとき、
いつもわいわいしている子どもたちがごくっと息をのんだ瞬間がありました。
抽象的な作品にもかかわらず、子どもたちの感性に、ビビっときたようです。イドミィの子どもたちは感性の豊かを再確認できた出来事でした。

まつおさん、ありがとうございました!

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、子供
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
画家 まつお / matsuo

はじめてのペン画のレッスン
まつお、絵を教えに行ってまいりました。
.
授業させてもらったのは
神戸にあるイドミィという学校
代表のじゅんくんが自転車で日本一周2回目をする直前に知り合って、それが早5年くらい前。
.
じゅんくんは学校の代表、わたしは画家というお互いに大きな変化のあった5年。
SNSでも常にわたしの活動も気にかけてくれてて、今回はお絵かきの講師として学校に呼んでくれて、教えるといういい経験をさせてもらってとお世話になってばかり。
.
そして、肝心の授業は、
ただみんなで楽しく絵をかいただけでした笑
でもみんな楽しそうにまるかいてて何よりやった。
楽しいのが1番さ!
そんなのびのび自由をオッケーとしてくれるじゅんくんの学校だからこそできた授業だろうな。
またこんな経験できたらいいなぁ
.
イドミィについて→ https://www.facebook.com/1919064871646515/

【外務省協力「SDGs LINEスタンプコンテスト」で、生徒の作品が入選!😆✨】

 

下記のコンテストで、イドミィの小6生が描いた作品が入選しました😍
https://linecorp.com/ja/csr/newslist/ja/2019/223

皆様方に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

ーーー以下引用ーーー

人と人とが繋がりあい、SDGs への理解を深め、具体的なアクションへと繋げることを目的に開催されたSDGs LINEスタンプコンテスト。

小中高校生を対象に、SDGsをテーマに募集したイラスト2,411点のうち、審査を通過した24作品がスタンプになりました!
https://linecorp.com/ja/csr/newslist/ja/2019/244

こちらからご確認いただけます👇
https://line.me/S/sticker/9983763

ーーー

スタンプを販売した売上全額(決済手数料を除く)は環境保全団体のWWF ジャパンに寄付し、 SDGs の目標達成に貢献する活動全般にあてられる、とのことです!

ぜひみなさまもご購入くださいませ!(わたしたちスタッフも購入しました!)

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

【神戸マラソン応援😊✨!】

 

子どもたちの書いた絵を掲げ、応援しました😆🙌

「のどかわいてそうだから、わたしの水筒のお茶、あげていいかな?」
という女の子。

ランナーさんにむかって
「あめ、ほしい人はあげますよー!」
という女の子。

それぞれの優しさのカタチが見えた1日でした。

皆さまありがとうございました!
ランナーの皆さま、おつかれさまです!

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、空、靴、屋外

【OPEN!】9才が店長のハンバーガーショップ!【1日限定!】

小3生の夢をかなえる企画です!!!
ぜひご来店くださいませ!!!

https://www.facebook.com/events/725346024632379

以下、彼がつくったチラシの内容です。

ーーー

11/16(土)
オープン18時
クローズ20時
ばしょ イドミィの2かい

予約はこちら→078-335-6808
(※facebookのメッセージでも大丈夫です^^)

☆メニュー☆
ハンバーガー 300円
ハンバーガーセット(ドリンクとおかしつき) 600円
げきからバーガーセット(ドリンクとおかしつき) 700円
ちょうウルトラスーパーきょだいバーガー 1500円

味はサイコー!かもしれない(見た目はきたいしないでください)

ドリンク たんぴん300円
おちゃ
コーラ
カルピス
せかいいちふつうな水(オススメ!)

ーーー

また、当日働いてくれる子どもアルバイトスタッフを募集しています。(時給は店長が検討中…😂笑)

興味のある方は代表高橋(9才店長の弟子)までご連絡くださいませ😊

画像に含まれている可能性があるもの:1人
写真の説明はありません。
写真の説明はありません。

\✨またも全国入賞✨!/

 

\今回はふたり選ばれました!/

イドミィの子どもたち、大活躍です😆

『夢の生き物大募集』でイドミィの小6生と小3生が特別賞を受賞しました😍

https://yumenoikimono.com

全国510人のなかから選ばれて、本人たちにとって良い経験になりました!関係者のみなさま、ありがとうございます!

ーーー

これで全国入賞5回目です。子どもたちのアイデアを生み出すチカラが伸びてきていると強く感じます。

惜しくも選ばれなかった子たちの表情を見るとつらいですが…

結果ではなく一人ひとりの成長を評価し、自信をプレゼントできたらと思います。みんなよくがんばりました!!!

これからも子どもたちの生きる力を伸ばします!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:11人、、スマイル、バスケットボールコート、靴、室内
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

✨シャワークライミング第2弾!✨

 

行ってきました!この夏最後の思い出づくりです☺️

小6生が小1生をサポートしている姿が印象的でした😊

みなさまありがとうございましたー!

ーーー

今回は女子高生のボランティアスタッフさんと引率しました。ありがとうございます!

ボランティアスタッフ随時募集中ですので(年齢制限はありません。学生もオトナも大歓迎!)、興味のある方はメッセージくださいませ😆

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、水、自然
画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水、自然
画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、水、自然

\✨淡路島一周自転車旅、ぶじに終了!✨/

 

日陰で休憩しながら、
氷水をかぶりながら、
そして、
海にとびこみながら、
楽しく走ることができました🚴‍♂️!!!

全ルートを走ることはできませんでしたが、限られた時間内で濃密な時間を過ごせました😊

お世話になった皆さま、ありがとうございました!

ーーー

今回は中1男子ひとり、イドミィスタッフふたりの3人での自転車旅でした。

「きみは、いい塾に入ったな!よかったなぁって思うやろ?」

「こんな風に休みの日、一緒に活動してくれる先生は、めったにないことやで」

「ぼくも子どもの頃にこんな挑戦をさせてくれる塾に行きたかったわ!」

淡路島で気さくに話しかけてくれたおじちゃんおばちゃんたちは、そんなことを中1男子に話していました。

嬉しそうに、そうですね、って答えている中1男子を見て、ぼくらも嬉しかったです!

ーーー

追記

休憩していたぼくらをヨットに乗せてくださった皆さま、ありがとうございました!良い経験になりました!
皆さまのようなステキなオトナになりたいです!

いつか日本のどこかでお会いできる日を楽しみにしています。一期一会に感謝です!

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:バイク、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、海、屋外、水、自然
画像に含まれている可能性があるもの:海、空、水、屋外、自然

【テーマ探求クラス】

【いのちについて考える】

「たかじゅーん!」

なにー?

「犬飼ってや。たかじゅんも犬好きやろ?」

たしかに、ぼくも犬が好きだ。
ここ1年半の出逢いのおかげで、わんちゃんねこちゃんの魅力がわかってきた(つもり)。
将来的には飼ってみたいとも思う。

「ねぇ、飼ってや。」

その女の子と100回近く繰り返したこのやり取り。
最後はいつも、この言葉で終わる。

「〇〇ちゃん、ごめんな。
ぼくも飼ってみたいけど、
いのちをあずかる自信がないんよ。」

ーーー

テーマ探究クラスは、
ひとつのテーマについて学び、
その学びを生かした「世界をよりよくするアイデア」を発明しています。

そのためには、
世界の問題点を「知る」必要があり、
知るためには、
目を瞑りたくなるような現実に「直面する」こともあります。

ーーー

ペットの殺処分問題。

とても重く、つらいテーマのため、
取り扱うか躊躇いました。

しかし、
小学2・3年生という心が育つ時期に
いのちについて知ることは、
彼らにとって大切な学びになると判断し、取扱うことにしました。

いつもは大はしゃぎの天才子どもたちも、
今回はまっすぐな眼差しで事実を受け止め、真剣な表情で訴えかけました。

「このままやったら、あかんやろ。」

「こんなん、可哀想すぎるやん。」

「人間、わがまますぎるやろ。」

心の底からの想いでした。

ーーー

彼らは紙にペットを救うアイデアを書いていきます。

「狙いを定めて、広げて、まとめて、しぼる。」

アイデアを出すコツもつかんできてます。

ええっと、
ええっとと言いながらアイデアを書きだす4人の、
内なるパワーを感じました。
(基礎学力の勉強とはちがうパワーです。アイデアを出せるようになってからの彼らは、輝く姿勢で机に向かっています。)

ーーー

そのうちのひとりは書きました。

『人間の脳から、「ペットをすてる」というものをけす』

彼らが描いたゴールを達成するにはどうしたらいいだろう?

4人の探究の旅は、
次の授業へとつづきます。

(高学年クラスも、いのちをすくう方法を考えました。彼女たちは写真嫌いなので撮影してませんが、小6生も豊かな創造力でアイデアを生み出してくれています)

文・高橋惇(イドミィ代表)

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

【歴史すごろくレポ】

今回は
学生団体「LearnBo」とコラボしました😆

ーーー以下レポートです!ーーー

こんにちは!
LearnBo代表の伊藤です。

僕たちLearnBoは、「勉強」と「遊び」を掛け合わせることで

「楽しくないと思われがちな勉強を、アイデアで楽しくしよう」

をコンセプトに活動している学生団体です。
今年4月に結成し、今回のイドミィさんでのイベントが僕たちの記念すべき第1回イベントでした

今回は、イドミィの皆さんと「歴史すごろく🎲」をプレイしました。

歴史すごろくは、LearnBoオリジナルの手作りすごろくです
小学6年生には「歴史の勉強をもっと楽しんでもらう」
1〜5年生には「これから習う歴史の勉強を覗いてもらう」
ことを目標にして作りました。

縄文時代から令和時代まで、日本の歴史に広く浅く楽しく触れることができるすごろくです🎲

横幅3メートル程の大きなすごろくを、イドミィの子供達はとても楽しんでくれました。
ただ楽しむだけでなく、歴史のクイズに答えようと懸命に教科書のページをめくる姿が見られて、勉強要素にもしっかり取り組んでくれました👏

残念なことに途中で時間切れとなってしまいましたが、子供達の「まだやりたい!」という声にLearnBoメンバー一同とても嬉しい気持ちになりました☺️

楽しい体験をさせてくれたイドミィの子供達、貴重な機会を下さった惇さん、ありがとうございました😆

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:3人、子供、クローズアップ
画像に含まれている可能性があるもの:15人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内