【念願の課外授業】 【どうぶつ、いのち。】

 

12月のある日。小6女子生徒ふたりに、今やってみたいことを尋ねてみました。

「山田さんのところへ、行きたい。」

山田さん、とはNPO法人KATZOCの山田さん。
今年7月には動物が好きな小6女子生徒ふたりのためにイドミィにお越しいただき、犬とのふれあいの時間と不妊手術の話を聞かせていただきました。

https://www.facebook.com/katzoc.npo/
(↑詳細は、facebookページご覧くださいませ!)

山田さんの取り組み
・猫の不妊手術専門の動物病院「ねことわたしスペイクリニック」の運営
http://clinic.katzoc.net/menu/
・沖縄県宮古島市のMiyakojima1_2Park事業
https://katzoc.net/miyakojima/
・譲渡会・啓発イベントの実施
https://katzoc.net/adoptation-events/

ーーー

そのときの話が印象的だったようで、今度は直接クリニックへ行きたい!とのことでした。
そしてダメ元でお願いしてみたところ…山田さんからご快諾いただきました!年の瀬のお忙しい時期なのにわがままを聞いてくださりありがとうございます!

そして、わくわくが止まらない小6女子生徒ふたりとともに、「ねことわたしスペイクリニック」へ訪問いたしました!
ふたりとも犬や猫とふれあえるのが楽しみだったようで、かばんを持っていないと空まで飛んで行ってしまうほど足取りが軽かったです。

ーーー

山田さんのお話を伺った後、メス猫の不妊手術の見学をご提案いただきました。
おふたりが不安そうならお断りしようと思いましたが、前向きだったので見学させていただきました。

手術の空気。

思わず息をのみます。

動物の手術のリアルを経験し、感じるものがあったようです。真剣な表情で見守っていました。途中、「大丈夫?」という問いにも大丈夫、と答えていました。刺激が強かったかなと心配していましたが、子どもたちは強いです。

連続して、オス猫の去勢手術も見学しました。
手術後、獣医さんかトリマーさんになりたいと言っていた小6生は、獣医さんからの動物が好きなの?という問いに、即答でうん!と言っていました。

「こんな若いうちに、実際に仕事に触れられるって、なかなかできないことだよ~!」

彼女たちがこのさきどんな職業や生き方を選択するかは本人の意向しだい。
ただ、小6の冬休みに、この貴重な経験をしたことを経験値にして、人生選択をしてほしいなと感じます。

ーーー

その後、山田さんにお仕事についてのインタビューをしました。
インタビュー後は、予定の時間オーバーしても離れられないほど、クリニックの犬と猫を積極的に触りに行っていていました。おふたりは本当に動物が好きだなと感じています。好きな気持ちをうまく伸ばしてあげられたらと思いました。

帰りの道中のおふたりからは、ウキウキだけでなく、強さも感じました。

どうぶつ、いのち。

今後も子どもたちが望んだ世界を直接経験する機会を提供していきます。

ご協力いただいた山田さんをはじめ、
「ねことわたしスペイクリニック」の獣医さん、看護師さん、すべてのみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、子供、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、座ってる、犬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です